読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

These Happy Golden Years !

"この楽しき日々" 北海道での暮らし、趣味、不妊治療、息子のこと

本当に怖いのはツルツル路面ではなく「人」だった件

北海道ドライブGoGo! 日記

f:id:October22yangzi:20170202225901j:plain

夕焼けが美しい近所の公園。

寒いけど空気が澄んでいるので空がとてもキレイです。

 

今日の気温は"最高"気温ー5℃。

路面は雪に覆われ、完全にツルツル。

運転難易度はズバリ「極難」!

 

そんな中、息子を連れて近所のスーパーに買い物に行きました。

 

いや~、ここまでツルツルな道路は初めてなくらい

どこもかしこもツルツルでした。

曲がるときも膨らむし、ブレーキを踏んでも止まらないので、

ほとんどの車が、車1台分以上の車間距離を空けて

時速30km以下で走っていました。

そのせいもあり、道路は軽く渋滞状態。

いつもは5分以内に着くスーパーに15分かかりました。

 

スーパーで一通り買い物をして、

帰り道も、前の車との車間距離を十分にとって

時速30kmくらいでノロノロと運転。

 

何とか無事に家に着きそうだ、と思っていたのですが、

ふと、後ろの車が妙に迫ってくることに気が付きました。

 

普通の道路状況でも気になるくらいの車間距離で、

もはや「あおっている」と言っても過言ではないレベル。

 

「この路面で危ないじゃん!!」

と、若干イライラしてバックミラーを見ると、

ナント、その車はフロントが思い切り凹んでおり、

ライトが片方取れているというヤバイ車でした^^;

 

それから100mくらい後に、その車は

ほぼ信号無視状態で曲がっていったのですが、

前にいた私はものすごーく疲れました。

 

あの車が後ろから煽ってこなければ

ドキドキしながらも、普通に帰れたのに!(怒)

でも、ぶつかられなくて良かった・・・。

 

ツルツル路面も怖いけど、

もっと怖いのは運転している「人」なんだな、

と、思い知った本日でした。

 

私も人を不要に冷や冷やさせるような運転をしないように

気を付けないといけないとですね。

 

 

ビタミンDとイノシトール&コリンは必須らしい

アスペ系サプリメント

f:id:October22yangzi:20170202112646j:plain

数年愛用しており、また摂取を再開した

ビタミンD3&K、コリン&イノシトール

どうやら、アスペ的にはこの2つは必須っぽいです。

 

生活するのに様々な支障が出がちなアスペ症状。

不妊治療前は、これらの困った症状を押さえるために

数種類のサプリメントを摂っていました。

 

不妊治療開始を決心した際に、これらサプリメント

治療の邪魔になっては困るということで、

2016年7月から、ほとんどのものを止めていました。

 

が!

 

1,2ヶ月して、ないと困ることが色々出て来てしまいました。

典型的なものだと下記です。

・モノトラック(一度に複数のことができない)の悪化

・頭の中の混乱、視界が狭くなる感覚

・"思い出す"レベルを超えるフラッシュバック

・注意力が極度に散漫になる

・感情の起伏が大きくなる

 

ううむ、これは困った、ということで、

先生と相談して、必要最低限のサプリメントを探すべく

支障がなさそうなものを1つづつ開始して効果を試しました。

そして、最終的に残ったもののうちの2つが

写真の2つのサプリメントでした。

 

ビタミンDは、発達障害鬱病などで効果が確認されてるものです。

特に、発達障害児の8割近くがビタミンD血中濃度が低いそうな。

私の住んでいる北海道は日照時間も短そうなので、

特に不足していたのかもしれません。

摂取すると、何に効くとは具体的に言えないのですが、

あらゆる能力の底上げになっているように感じます。

 

コリン&イノシトールは、感情の起伏やフラッシュバックに

確実な効果を感じます。

イノシトールの大量投与(グラム単位)は

脅迫症状なんかにも効果が立証されているみたいです。

 

その他、基本としての腸内環境の整備などはありますが、

基本的に食事内容を気を付けて、

これらのサプリを補助として摂れば、

少々物足りないながらも、こと足りる気がします。

 

(他には、漢方、リジン、ビタミンC、E、葉酸、オメガ3

なんかも飲んでいますが、これは不妊治療の医者からの処方も

含まれており、不妊治療と兼用しています。)

 

以前は、本当に色々なサプリメントを飲んでいたのですが、

不妊治療開始をきっかけに止めたことにより

必要最低限のものに絞れた感じです。

 

本当は、もっと効率的にアセチルコリンを増やすサプリとか

グルタミン酸神経毒を阻害するようなサプリも飲みたいのですが、

これは晴れて不妊治療が終わったら再開したいと思います。

 

 

なんと!乳がん検査に引っかかってしまった!

日記

f:id:October22yangzi:20170131234212p:plain

先日、乳がんの定期健診に行ってきました。

マンモグラフィ検査です。

 

私は、5年前、2年前の2回、同検査を受けたことがあり、

その時は何ともありませんでした。

なので、今回も大丈夫だろうと気楽に受けて来ました。

 

ところが!

 

なんと、引っかかってしまったんです・・・・。

しかも、過去2回は「カテゴリー1」だったのに、

今回はいきなり「カテゴリー4」ときた!!!

 

<乳がん検査のカテゴリー>

 カテゴリー1は「異常なし」
 カテゴリー2は「良性病変のみ」
 カテゴリー3は「がんを否定できず」
 カテゴリー4は「がんの疑い」
 カテゴリー5は「その検査上ではがん」

(乳がん.jpより抜粋)

 

診断をしてくれた先生は、とても丁寧な人で、

マンモグラフィの写真を見せながら、

なぜ引っかかったかを丁寧に教えてくれました。

 

写真を見ると、確かに先生が言うように、

何やら影のようなものが映っています。

 

その後、触診を行い(触診では異常なし)

精密検査(エコー等)の予約をして

この日は終わりになりました。

 

家に帰ってネットで調べてみると、

大体の人がカテゴリー3で引っかかるようなのですが、

私はいきなりカテゴリー4。(ガンの確率50%)

 

正直、調べれば調べるほど血の気が引きました。

しかも、最近小林麻央さんの乳がん闘病の記事を

よく読むせいもあり、乳がんに恐ろしいイメージがあるのも

血の気が引くのに拍車をかけました。

 

ううむ、乳がんだったら不妊治療どころじゃないな・・・。

このブログも乳がん闘病ブログになってしまう・・・。

 

と、いう訳で、ややビビってはいるのですが、

あまり深く考えず、再検査と結果が出るまで

普通の日常をちゃんと送ろうと思います。

 

しかし、次回のAIHどうなるんだろう。。。

それまでにちゃんと結果が出ればいいけど。

 

 

レイクビューTOYA 乃の風リゾート:総合88点

旅行、ホテルの感想

f:id:October22yangzi:20170126223435j:plain

ホテルの部屋から撮った写真。

正にレイクビュー。

珈琲を飲みながら眺める洞爺湖は格別です。

 

久々に連休だ!ということで、近場ではありますが、

TOYA乃の風リゾートに1泊2日してきました。

 

乃の風リゾートは、「乃の風倶楽部」と「スパリゾート」に

分かれており、今回は「乃の風倶楽部」に宿泊しました。

 

展望風呂付客室、大人2名+子供1名、2食(朝夕バイキング)で

色々諸々合わせて、約5万円也。

洞爺湖周辺では、お高い部類に入ります。

ちなみにスパリゾートの方だと、多分4万円弱くらいになると思います。

 

して、その5万円をかけてどうだったかというと、

総合得点は、88点でした!GOOD!

 

<内訳>

部屋   90点

サービス  90点

食事   85点

お風呂  90点

くつろぎ度  90点

窓からの景色 90点

コスパ  80点

 

56平米ある清潔な部屋には、くつろぎのための

ソファや豆から挽ける珈琲グッツ等が置かれていました。

部屋風呂の大きさも申し分なく、窓からの景色もGood!

今まで泊まった中で5本の指には確実に入りました。

 

屋上の展望風呂も大変良く、洞爺湖が一望できました。

館内も清潔で、おみやげコーナーも充実。

スタッフの雰囲気も大変良く、サービスも良かったです。

 

全体的にとても良かったのですが、1つ残念な点を挙げるなら

それは、「食事」。

とても凝ったメニューが多く、創作料理的な工夫された物が多く

楽しめたのですが、「定番」があまりありませんでした。

 

例えば、息子はから揚げが好きなのですが、

「単なるから揚げ」がない。(あんとかかかってる)

私はスクランブルエッグが好きなのですが、

ノーマルスクランブルエッグがない。(野菜とか色々混じってる)

定番のてんぷらも好きだけど、てんぷらがない。

そこはちょっと残念だったかなあ。

あと、5万円以上出すなら、部屋食でもいいかなという気も。

 

私は部屋風呂が好きなので、今回の部屋は大当たりですが、

部屋風呂がいらないという人はスパリゾートで十分かも。

食事内容と窓からの風景が一緒で1万円安いのは大きいと思う。

 

とは言え、温泉にじっくりつかり、

美味しいものを食べ、部屋珈琲を美味しく飲み、

大満足して帰って来れました。

 

今度は夏に来たいですね!

 

 

"サイボーグ009"が、いよいよ佳境の件

アニメ・漫画

f:id:October22yangzi:20170126213707j:plain

現在アニマックスで放映中のサイボーグ009画像。

1979年版のデジタルリマスター版、全50話です。

 

絵もアニメーションもストーリーも突込み所満載の

35年前に作られた、アニメ・サイボーグ009

今のアニメでは考えられない、視聴者置いてけぼり感や

話や絵の雑さが笑っちゃうくらい凄いのに、

なぜか面白くて仕方なく・・・という話が下記。

確か、25話くらいでの感想だったと思います。

"サイボーグ009" が何故か面白い件 - These Happy Golden Years !

 

その後、継続的に見続けて、とうとう48話まできました。

 

で、今はどうかというと、視聴者置いてきぼり感や

話・絵の雑さは相変わらずですが、メッチャ引きこまれます。

 

何と申しますか、

「視聴者の方から置いてけぼりにならないように努力し始めた」

という感じです。

 

35話くらいから、ネオブラックゴーストの首領である

サイボーグの三つ子が出てきて、そいつらが一体誰なのか?

というあたりから、一気に面白さがUPしました。

 

まあ、色々ご都合主義でありえないことも山盛りなんですが、

何か面白いんですよね。

口で説明できない面白さと引き込まれかたです。

 

藤子不二男が「石ノ森正太郎は天才である」と書いていましたが

40年経っても色あせない面白さは、本当に天才なのかも。

 

残りはあと2話。

終わってしまうのはとても寂しいし、

サイボーグ009達ともっと世界中を旅したいところだけど、

ラストがどうなるか、とても楽しみなので、

大切に見ていこうと思います。

 

 

ビミョー過ぎる!"009 RE:CYBORG"(サイボーグ009)

アニメ・漫画

f:id:October22yangzi:20170124211104j:plain

原作が「サイボーグ009」の「009:Re・・・」。

甲殻機動隊」の神山健治さんが監督でリメイクした作品。

 

アニマックスでお正月に放映していたこの作品。

009シリーズの中では最新です。

ご覧の通り、画像も絵も旧作に比べてとてもキレイ。

しかも、神山健治さんが監督。

009の隠れファンで、「甲殻機動隊」も好きな私にとっては

なかなか魅力的な組み合わせです。

 

何か期待できそう!

と、ワクワクしながら見たことは言うまでもありません。

 

が・・・・。

最後まで見るのが辛いくらい微妙でした。(T T)

 

ストーリーはブラックゴースト(悪の親玉)を倒した後、

009達が自分たちの生活をしていたが、再度悪が動いたので

再集結して、戦って倒す、的な感じ。

 

ストーリー自体は全然悪くないんですが、

009達の扱いが悪過ぎるというか、原作無視し過ぎ。

 

原作では、みんな仲良しで協力して、

それぞれの得意分野とチームワークを生かして

戦っていくのが良いところなのに、

 

・002がケンカ分かれ的に離脱してる

・008は道に迷った的な感じでいいとこなし

・ギルモアと005が裁判で争ってる

 

最後の最後まで全員揃ってって感じじゃないし

003に至っては変なお色気キャラになってるし。

(まあ、お色気キャラはいいんですけど)

 

これが、原作が009じゃないとなれば

普通にまあまあ楽しめるクオリティだったとは思うんですが、

原作が009となると、話はまったく別。

てか、009じゃなくてもいいじゃん!

 

という訳で、見終わった時は、

サイボーグ009の原作ファンとしては

ああ、何か見なきゃ良かった・・・。と思いました。

 

"サイボーグ009 vs デビルマン"は

結構面白かったのになあ。

 

でも、原作を知らなかったら面白いのかもしれませんね。

もしかしたら。

 

「斉木楠雄のΨ難」にはまって抜けられない件

アニメ・漫画

f:id:October22yangzi:20170123215822j:plain

ジャンプで掲載中の「斉木楠雄のΨ難」。

今アニマックスで絶賛放映中で、どっぷりはまってます。

 

斉木楠雄のΨ難」は、2012年からジャンプで掲載中の

ギャクマンガで、コミックは20巻まで出ています。

ジャンプでの位置は私の知る限り中位以上が多く。

ハズレのない中堅作品といったところでしょうか。

ジャンプの中では必ず読む作品の1つです。

 

昨年TV化され、私は現在アニマックスで見ているのですが、

いやいや、これがなかなか面白い。

主人公の斉木楠雄がナレーションとツッコミをする形で

物語が進んでいくのですが、この声優さんが実にお上手。

 

調べたところ、神谷 浩史という声優さんなのですが、

なんと、夏目友人帳の主人公、夏目の声優さんでした!

雰囲気が違うから分からなかった。。。

 

ふうん、今まで声優さんなんて気にしたことなかったけど

上手い人がやると面白さがアップするもんなのね。

ちょっと目からウロコかも。

 

という訳で、神谷さんが演じて面白さ1.5倍になった

斉木楠雄にはまって抜け出せなくなっています。(笑)

 

第1期のアニメは24話までらしいので、

できれば第2期も作って欲しいところです。