読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

These Happy Golden Years !

"この楽しき日々" 北海道での暮らし、趣味の漫画・アニメ・旅行、そして息子のこと

本当に怖いのはツルツル路面ではなく「人」だった件

f:id:October22yangzi:20170202225901j:plain

夕焼けが美しい近所の公園。

寒いけど空気が澄んでいるので空がとてもキレイです。

 

今日の気温は"最高"気温ー5℃。

路面は雪に覆われ、完全にツルツル。

運転難易度はズバリ「極難」!

 

そんな中、息子を連れて近所のスーパーに買い物に行きました。

 

いや~、ここまでツルツルな道路は初めてなくらい

どこもかしこもツルツルでした。

曲がるときも膨らむし、ブレーキを踏んでも止まらないので、

ほとんどの車が、車1台分以上の車間距離を空けて

時速30km以下で走っていました。

そのせいもあり、道路は軽く渋滞状態。

いつもは5分以内に着くスーパーに15分かかりました。

 

スーパーで一通り買い物をして、

帰り道も、前の車との車間距離を十分にとって

時速30kmくらいでノロノロと運転。

 

何とか無事に家に着きそうだ、と思っていたのですが、

ふと、後ろの車が妙に迫ってくることに気が付きました。

 

普通の道路状況でも気になるくらいの車間距離で、

もはや「あおっている」と言っても過言ではないレベル。

 

「この路面で危ないじゃん!!」

と、若干イライラしてバックミラーを見ると、

ナント、その車はフロントが思い切り凹んでおり、

ライトが片方取れているというヤバイ車でした^^;

 

それから100mくらい後に、その車は

ほぼ信号無視状態で曲がっていったのですが、

前にいた私はものすごーく疲れました。

 

あの車が後ろから煽ってこなければ

ドキドキしながらも、普通に帰れたのに!(怒)

でも、ぶつかられなくて良かった・・・。

 

ツルツル路面も怖いけど、

もっと怖いのは運転している「人」なんだな、

と、思い知った本日でした。

 

私も人を不要に冷や冷やさせるような運転をしないように

気を付けないといけないとですね。