These Happy Golden Years !

"この楽しき日々" 北海道での暮らし、趣味の漫画・アニメ・旅行、そして息子のこと

発達障害治療のための渡米は蜜の香りがするけれど

f:id:October22yangzi:20170313230152j:plain

↑写真は、春に行った福岡の神社。

 

先日、自閉症のお子さんの治療のために

アメリカの行った方の家に遊びに行きました。

遊びに行くのも会うのも2年半振りです。

 

ネットで発達障害関係の情報を調べている人であれば

自閉症治療先進国であるアメリカで治療を受けるのは

一種の憧れに近い感覚があるのではないでしょうか。

 

私も渡米に関してはとても興味があったので、

治療を受けたお子さんの成長具合と、

渡米関係の話を聞けるのを楽しみにしていました。

 

が・・・。

聞けたのは、何だかすっごく微妙な話でした。^^;

 

彼女曰く、ですが、

「アメリカでのバイオメディカル治療は、お金がかかるし、

気を遣わなきゃいけない割りに効果がそこまで見えない。」

らしいです。

 

聞いた話によると、1回の渡米(含、準備費用・飛行機・検査・薬代等)で

円ドルルートにもよるけど、大体90万円近くかかるそうです。

加えて、継続費用としてネット上でのコンサル費用、通訳費用、等。

年間50万円~は覚悟した方が良いと。

 

このご家庭では、諸所200万円超かかったそうですが、

お子さんはそこまで良くならなかったらしいです。

 

ステロイド認知症等の処方薬のフル活用、ビタミンB12注射、

カンジタ菌対策など、あらゆる療法も試したらしいのですが、

「やや落ち着いた」「言葉が出やすくなった」くらいの改善だったとか。

 

で、効いているか分からず、一時薬を止めてみたのですが、

癇癪が少し増えた、言葉が減った、睡眠時間が少し減った、など、

それくらいの後退でほとんど変わらず、

療育園の先生も薬を止めたことに気が付かなかったらしいです。^^;

 

今は「やらないよりマシ」ということで続けているそうですが、 

正直なところ、「何でやっているか分からなくなってきた」と。

 

確かに、お子さんは2年前に会った時よりはもちろん成長していましたが、

爆発的に成長している感じはありませんでした。

正直に言ってしまうと、「まあ、マシにはなったよね。」程度。

 

自閉症にとっては、その「マシ」が大変だったりもしますが、

客観的に見ると、普通の自閉症児の成長の範囲を超えてない感じです。

普通の自閉症児でも、5~6歳って大きく伸びますから。

 

 数年前に渡米して自閉症治療をしたブロガーさん達も

ブログを読む限り、予想の範囲を超える改善はしていない感じがします。 

「渡米」への期待が大きすぎるせいかもしれません。

 

多分、渡米する人のほとんどが、

その手引きをしてくれるアメリカ在住のブロガーさんのお子さんが

重~中程度自閉症から普通学級に通える高機能になったことから

それくらいの効果を期待して行くんだと思います。

 

でも、確かに良くはなるけど、

療育園で渡米もしてないけどもっと伸びている子もいたり、

本当にそこまでかける効果があるの?と疑問になってしまう、と。

 

まあ、その在米ブロガーさんのお子さんは

自閉症様な症状」が出るタイプの障害らしく

専門家曰く、日本の専門病院で同様のステロイド治療をして

同じような結果が出ているお子さんもいるらしいので、

別にアメリカでバイオメド治療したから劇的に改善した、

という訳でもなさそう。

それに、アメリカ行って治療して劇的に改善するんだったら

アメリカに自閉症児がいなくなるし、みんなやってると思う。

 

・・・と、普通に考えたら、渡米したからって

そこまで劇的な改善なんて考えが甘いんでしょうけど、

私も含め、「渡米」に夢を見ちゃうんでしょうね。

 

ちょっと渡米に期待をしていただけに

残念な話ではあったけど、 選択肢が1つ減ったのは良かったかも。

高いサプリを割引なしで買い続けるのもストレスだもんね。

 

やっぱり、日本でコツコツ地道に頑張ろうっと。