読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

These Happy Golden Years !

"この楽しき日々" 北海道での暮らし、趣味の漫画・アニメ・旅行、そして息子のこと

情緒安定と睡眠改善には漢方薬

f:id:October22yangzi:20161026141633j:plain

 息子の発達を支えてくれる漢方薬2種類。

右が大柴胡湯去大黄、左が抑肝散。

どちらか一方でも不眠や情緒の安定に効きますが、

2つ合わせると効果が倍になる気がします。

実はもう1種類あるのですが、現在は他の薬との兼ね合いで

残念ながら飲めていません。

 

 

 色々な治療や療育の方法を試してみましたが、

その中で最も効いていると感じるのはこの漢方薬です。

 

もともと寝付きが悪く、布団に入ってから寝付くまで2時間、

朝も早くから起きだし、睡眠時間が多くて6時間位だった息子。

今では10時間くらいはグッスリ寝るようになりました。

 

すぐにイライラして癇癪を起こし、

1度泣いたら1時間くらいグズグズしていたのが

イライラしにくくなり、気持ちの切り替えも早くなりました。

情緒がとても安定した感じです。

 

漢方薬で情緒が安定したので、家庭での療育も進むようになり、

結果、知的方面でもかなり伸びました。

 

発達障害(含自閉症)の漢方治療は主流ではありませんが

徐々に広がっていっているらしく、この組み合わせ以外にも

甘麦大棗湯をメインにする方法もあるらしいです。

小麦がかなり入っているので、GFGF向きではありませんが。

 

入手方法は、漢方薬局で購入するという手もありますが

一番安くて安心なのは、やはり医師に処方してもらうこと。

薬局で購入していた頃は、1ヶ月1万円くらいかかっていましたが

医師に処方してもらうようになって、1ヶ月1000円程度になりました。

 

子供の不眠や情緒不安定、多動に困っている親御さんは

漢方治療を検討してみる価値はあるのかなと思います。

 

長く続けることも大切だと思うので、

ちょっと面倒ですけど、是非医師処方で!