読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

These Happy Golden Years !

"この楽しき日々" 北海道での暮らし、趣味、不妊治療、息子のこと

情緒安定と睡眠改善には漢方薬

息子の成長・療育

f:id:October22yangzi:20161026141633j:plain

 息子の発達を支えてくれる漢方薬2種類。

右が大柴胡湯去大黄、左が抑肝散。

どちらか一方でも不眠や情緒の安定に効きますが、

2つ合わせると効果が倍になる気がします。

 

 

息子の発達が心配になってきたのは2歳くらいの頃。

2歳半くらいで発達に問題ありと診断されました。

 

当時はとてもとても落ち込みました。

北海道には情報もなく、どこに行っても誰に聞いても

諦めましょう、というような希望の持てない話しか聞けませんでした。

 

でも、幸い私の地元である神奈川、東京には

前向きに子供の発達を治療しようという人達がたくさんおり、

その人達のお陰で、私も息子を前向きに治療・療育できています。

感謝、感謝、本当に感謝。

 

色々な治療や療育の方法を教えてもらいましたが、

その中で最も効いていると感じるのはこの漢方薬です。

 

もともと寝付きが悪く、布団に入ってから寝付くまで2時間、

朝も早くから起きだし、睡眠時間が多くて6時間位だった息子。

今では10時間くらいはグッスリ寝るようになりました。

 

すぐにイライラして癇癪を起こし、

1度泣いたら1時間くらいグズグズしていたのが

イライラしにくくなり、気持ちの切り替えも早くなりました。

情緒がとても安定した感じです。

 

漢方薬で情緒が安定したので、家庭での療育も進むようになり、

結果、知的方面でもかなり伸びました。

 

ただ・・・。

「やる気」のムラだけはナカナカ改善しないんですよね。^^;

どうやら「やる気」と「情緒の安定」は、別問題みたいです。

 

なので、今は「やる気」が出る方法を試行錯誤中です。

色々難しいです。

 

ちなみに、もう1種類の漢方を合わせると

目を見張るような効果が出るのですが、

今は飲み合わせの関係から、飲むのを見合わせています。

 

なので、この組み合わせ+αで効果が出る人もいると思います。