These Happy Golden Years !

"この楽しき日々" 北海道での暮らし、趣味の漫画・アニメ・旅行、そして息子のこと

ブラッククローバー:ユノの正体が予想の斜め上っぽい件(ネタバレ注意)

f:id:October22yangzi:20180504001002j:plain

 

最近ブラッククローバーが熱い!面白い!

今まで謎だった色々なことが明らかになってきており、

とうとうユノの正体が明かされ始めました。

 

物語の背景や、エルフと人間の過去の話。

アスタの正体については下記を参照。

まずは、ユノの正体に深く関わるネタバレあらすじ。

 

<ネタバレあらすじ>

リヒトが発動した転生魔法が完成され、

クローバー王国に転生の光柱が無数に立ちます。

 

↓エルフの転生先の人が光っているっぽい

f:id:October22yangzi:20180503231027p:plain

 

団員の何人かも転生したエルフに乗っ取られてしまいます。

ユノも乗っ取られて光ってます。

 

↓クラウス、ユノ、あと1人もエルフ化

f:id:October22yangzi:20180503221729p:plain

 

しかし、ユノはアスタの「俺は魔法帝になる!」という言葉で自我を取り戻します。

f:id:October22yangzi:20180503221839j:plain

 

他のエルフは、そんなユノに対して

「転生は成功しているが、あの子はまだ・・・」

「時間が必要だ」

と、考えます。

 

そして、リヒトの攻撃に即対応するユノに

「さすがリヒトくんの・・・」

と言います。

 

- - - - - - - - -

ここまでの話の流れを見ると、

どうやらユノはかなり重要なエルフの転生先っぽいです。

そして、「あの子」というからには子供。 

 

ちなみに、エルフの主要人物は過去回想編で出てきています。

このシーンは、エルフ主要人物の1人であるライアの夢回想シーン。

 

赤字は、"エルフ名(転生先人間名)"です。

f:id:October22yangzi:20180507155737p:plain

 

この場に出ている人物は、夢を見ているライアを含めて9人。

(パトリはリヒトを名乗っており、金色の騎士団団長ウイリアムが転生体でした。

なので、偽リヒト、と書いています。)

 

うち、エルフではないのがテティア1人。

(クローバー王国の王女で、リヒトと結婚してお腹に子供がいる)

 

現在、転生先が全く分かっていないのは、テティア、テティアの子供、テティアの右隣の人。

(左の2名は、風貌からゴーシュとリル(orマリー)だと思われます。

リヒトはウイリアムに転生しているようですが

まだ自我が完璧に戻っている訳ではなさそうです。)

 

で、子供はテティアのお腹にいるリヒトの子供のみ。

 

ってことは、ユノはリヒトとテティアの子供?

 

ちなみに、リヒトは4つ葉グリモアールの剣魔法で、テティアは風魔法。

その子供が4つ葉のグリモアールの風魔法っていうのは、妙に辻褄が合うぞ! 

 

ただ、そうなると深まる謎が1つ。

ユノが教会の前に置かれていたときに持っていたペンダント。

 

あれって、多分エルフの魔石だと思うんだよね。

なので、ユノがリヒトとテティアの子供の転生体とするならば、辻褄は合うんだけど、

リヒトとテティアが死んだのって数百年前。

一体誰がユノにそんな形見的なペンダントを持たせたのか?

 何でアスタと一緒に教会に置かれていたのか?

 

うーむ。

謎は深まるばかりですのー。

多分、これから色々と新事実が出てくると思うんだけど

伏線全部拾って読者を満足させるのは超難しそう。

先生、がんばれ!

 

・・・という訳で、独断と偏見による予想の結果、

ユノはリヒトとテティアの子供!ということになりました。

 

いやー、出生とか何かに秘密があるだろうとは思ってたけど

まさかのエルフ、そして、まさかの赤ちゃん・・・ていうか、胎児!?

 

今後が楽しみです♪ 

 

ブラッククローバー:アスタの正体に期待が高まる件(ネタバレ注意)

 f:id:October22yangzi:20180503001344j:plain

 

 

最近、ブラッククローバーにはまっています。

 

この作品は、2015年より週間ジャンプで連載中の田畠裕基の作品で、

現在連載3年目、単行本15巻(2018年3月)。

2017年10月からアニメ化もされている注目の作品です。

 

アニメ化をきっかけにアニメから入り、

今や単行本はもちろん、週間ジャンプを

毎週楽しみになるまでになりました。

 

で、今すごーく気になっているのは

「アスタの正体」

・・・ と、いうことで色々整理してみました。

 

まず、2018年5月3日時点の最新あらすじは下記です。

 

<あらすじ> (エルフ中心視点)

・数百年前、魔力の強いエルフ族が暮らしており、人間と仲があまり良くなかった。

・エルフの族長リヒト(剣魔法)は、テティア(女性・風魔法)とその兄(光魔法)、の2人の人間の王族と知り合い、交流を深めていく。

・テティアにはリヒトの子供が宿り、2人は結婚する。

 

↓出会いのシーン、リヒトがテティアを助ける

f:id:October22yangzi:20180503002100j:plain

 

・結婚後、エルフの地に突然強力な光魔法が空から襲い、多くのエルフが命を絶つ。

f:id:October22yangzi:20180503120520j:plain

 

・リヒトは禁忌魔法である魔人魔法を行い(魔女談)、その魔人が人間界を襲う。

・人間が滅びそうになった時、テティア兄が光の剣で魔人を倒す。(アニメで判明)

・テテイア兄は英雄となり、初代魔法帝となる。

 

・どのタイミングかは分からないが、リヒトは最後にエルフに転生魔法を行い、エルフを人間に転生させようとする。

 

↓多分このシーン、中央で誰かが儀式してるっぽい

f:id:October22yangzi:20180503114858p:plain

 

・リヒトの発動した転生魔法は不完全だったため、1人だけ完全に転生したエルフが「リヒト」を名乗り(以降、偽リヒト)、白夜の魔団を利用してエルフの力を増幅させる魔石を集める。

 

・偽リヒトは魔石を集め終わり、転生魔法を完成させる

・転生魔法が完成した結果、クローバー王国の騎士団の有力団員の多くが転生したエルフに意識を乗っ取られ、アスタ達に牙をむく。

 

↓クラウスさん達がエルフ化!

f:id:October22yangzi:20180503221729p:plain

 

・そんな中、ユノだけは意識を取り戻し、アスタと共にエルフ達から団員を救おうと共闘をはじめる(ここが2018年5月2日号ジャンプ)

 

↓ユノは意識を保っている

f:id:October22yangzi:20180503221839j:plain

 ↓2人の共闘シーン、カッコイイ!

f:id:October22yangzi:20180503001604j:plain

 

・・・と、物語は数百年前に滅んだエルフが転生し、

自分達を滅ぼしたとされる人間を滅ぼそうとしており、

それをアスタ達が何とかする!的な感じの方向に動いています。

 

さて、では次にアスタについて分かっていることは下記。

- - - - - - - - - - 

 

<アスタ自身について>

 

◇出生が謎

⇒辺境の村の教会の前に、ユノと共に捨てられていた

 

◇魔力がない

⇒魔法世界なのに魔力がなく、超珍しいらしい。

ただ、魔力がないが故に、魔力を吸い取る反魔法の剣が使えるらしい

 

<アスタとエルフとの関係について>

 

◇リヒトのものだったグリモアールと剣2本を持つ

⇒リヒトのものだったとされる、5つ葉のグリモアールと、収納されている反魔法の剣を2本所持。

ただ、数百年前にリヒトが所持していたグリモアールは4つ葉で、魔法は「剣魔法」であった。

 

ちなみに、通常グリモアールは3つ葉で、

4つ葉の場合は、4枚目の葉には幸運が宿り

5つ葉の場合は、5枚目には悪魔が宿るらしい。

 

↓剣を持つリヒトの後姿

f:id:October22yangzi:20180503115359j:plain

f:id:October22yangzi:20180503221939j:plain

 

 ◇リヒトの縁者ではないらしい

⇒魔女によると、リヒトとは無関係、とのこと。

 

◇エルフの転生対象ではなかった

⇒他の団員がのっとられる中、アスタは無事だった。

ちなみに、ユノは唯一意識を保っており、

他のエルフに 「あの子はまだ・・・」「時間がかかるだろう」的なことを言われてました。

 

<その他気になること> 

 

◇リヒトの妻のテティアの兄と同じ思想を持っている

⇒リヒトの妻のテティアの兄と全く同じ

「人とエルフは仲良くできる」といった趣旨のことを本気で言っている。

(ただ、リヒトも同じことを思っていたらしい。)

 

 ◇反魔法の剣の中(?)にいた魔人と融合 

⇒身体を乗っ取ろうとした魔人を押さえつけて、

自らの身体を反魔法と融合させたらしい

この魔人が何なのかは明かされていない  

f:id:October22yangzi:20180503224710j:plain

 

◇ネロ(アンチトリ)になつかれている

⇒魔力のない者にたかるというアンチトリ。

うち1羽(ネロ)に懐かれている。

アスタのふがいなさに溜息をついたり、クールで目つきの悪い鳥。

このネロは、魔力を感じ取ったり、反魔法の剣や魔石を探し出したりと謎が多い。

 

 ↓魔女はネロの正体に思うところがある様子

f:id:October22yangzi:20180503224914p:plain

 

- - - - - - - - - -

アスタの正体に、数百年前に滅んだエルフ族が関係するのは間違いなさそうです。

また、ユノの正体もアスタの正体に大いに関係しそうです。

 

つまり、数百年前に滅んだエルフ族と人間の間に起きたことを予想できれば、

アスタの正体が分かる!ハズ。

 

ちなみに、魔法属性は

 

<現世>

アスタ⇒無(反魔法の剣)

ユノ⇒風

リヒト(偽)⇒光

 

<数百年前>

リヒト⇒剣

テティア⇒風

テティア兄⇒光

 

【てことで、私個人的な勝手な予想】

 

「テティア兄がエルフを騙して絶滅に追い込んだ」

という話になっていますが、自分の妹の夫が族長(しかも子供もいる)のエルフを絶滅に追い込むようなキャラではないような気がします。

 

なので、何か深い事情や陰謀が過去にあった!

ということを前提として考えると、 

 

・アスタはテティア兄の転生体

⇒死ぬ間際に何らかの形で魔力を使い切り、魔力のないアスタになった。

アスタはアスタでいて欲しいけど、そうなるとユノと一緒に孤児院の前に捨てられていた説明がつかないので、やっぱり誰かの転生体かなと。  

 

・ユノはリヒトとテティアの子供

 

この部分は別記事にしてみました。


ちなみに、ジャンプ5月14日号で

リヒトはまだ目覚めていないものの、

イリアムに転生が成功しているらしいということが分かりました。

なので、アスタ=リヒト、ネロ=リヒト説はナシになりました。

 

とまあ、こんな感じで予想してみたのですが、

まだまだ分からないことが。

 

一番分からないのは、数百年前、リヒトが何で魔人を召還したのか。

しかも、魔人召還には多大な犠牲が伴うらしい。

もしも、多大な犠牲=エルフの民だったら・・・?

 

あと、魔人を光の剣で倒したのも気になる。

リヒトとテティア兄が融合してた!ってのは考えすぎかな。

 

その他気になると言えば、アスタがいつもバンダナしてること。

実は耳がエルフなんじゃないの?みたいな。

 

あと、アスタ=テティアの子、ユノ=リヒトの子、となると

叔父と甥になっちゃうため、なんか決まらない。(笑)

やっぱこの2人はライバルだろうから、そうなると、何か違うのかも。

 

うーん、難しい。

 

でもま、何はともあれ、こうやって色々予想するのはとても楽しい♪

アスタの正体がメチャメチャ楽しみです♪

 

今年は沖縄へGo!

f:id:October22yangzi:20180324010514j:plain

写真は沖縄の海!青い!

3月中旬、年に1回の恒例行事、家族旅行で

今年は沖縄に行ってきました!

 

年に1回の家族旅行も今年で4回目を迎えました。

去年までは息子が長時間飛行機に乗ることが心配で

乗り継ぎなしで行ける九州に行っていましたが、

今年は「まあ大丈夫なんじゃん?」

と沖縄に行くことにしました。

 

-2℃の雪がちらつく北海道を出て

羽田で飛行機を乗り継ぎ、約5時間後に23℃の沖縄に到着。

その差25℃!湿度も20%くらい違ったため、

沖縄は南国のような気候に感じました。

 

少々心配だった息子は、飛行機の気圧差にも耐え

お菓子を食べたりiPadを見たり、良い子に過ごせていました。

いやー、大人になったね、ホント。

 

旅行の日程は下記。

1泊目 ブセナ・テラス

2泊目 日航アリビラ

3泊目 プライベートビーチ・オクマ

 

ホテルの感想等は追々別記事にしますが

ちょっとだけ総合感想を書くと

全ホテル、部屋とか設備は良かったけど、

食事がとにかく不味かった・・・。

北海道のホテルを食べ慣れているのもあるのか

ホテルの朝食がヤバ過ぎて、かなりテンションが落ちました。

 

ちなみに、ホテルの食事以外はかなり楽しい旅行になり、

息子的に今回の旅行で最も楽しかったのは

プライベートビーチで思い切り走り回ったこと、らしいです。

確かに、あんなに楽しそうなのは始めて見ました。

北海道の海って泳げる期間短いし、波は荒いし

あまり小さい子供が泳ぐって感じでもないんだよね。

 

私的には、オクマのコテージの涼しい風が吹くベランダで

珈琲を飲みながら週間ジャンプをのんびり読んだのが

一番良い思い出になりました。(ああ、アホっぽい)

 

ちなみに、今回目玉のつもりだった

ちゅらうみ水族館ですが、人が多すぎて

すぐに出てきてしまいました。

6年前は結構ガラガラだったので

ちょっとビックリしました。

この数年で日本の観光事情はこんなに変わったのね。

 

ゆっくり見れなかったのは残念だったけど

天気が本当に良く、海がとてもキレイでした。↓

f:id:October22yangzi:20180324012622j:plain

 

帰りは疲れていたせいか、

息子も少々駄々をこねる場面もありましたが

総じて良い子に座っていてくれました。

 

いやー、楽しかったなー。

息子も長時間フライト大丈夫そうだし、

次回は屋久島とか行ってみようかな?

ハワイなんかもいいかも!

 

来年の3月まで、これを糧にがんばろうっと。

 

やた!アニメ化!転生したらスライムだった件!・・・だったのだが。

f:id:October22yangzi:20180210181651j:plain

先日、どうしてアニメ化されないんだろう?

と嘆きのブログを書いたこの作品。

 

とうとうアニメ化されることが決定しました!

やった!やった!やった!

 

ちなみに、2018年秋アニメらしく、

公式ページが下記。

www.ten-sura.com

 

・・・ということで、5分ほど前に

かなり喜んで公式HPチェックしました。

 

が!

 

・・・

そこはかともなーく漂う不出来な感じが・・・。

操作性も構成も色使いも、色々と今イチ感が漂ってるっていうか、

手抜き感があるっていうか。

 

なんつーか、

「この状態で公開しちゃう?」的な。

 

公開されたばっかりだからか?

いや、公開されたばっかりでも

ジャンプ系アニメのHPは超しっかりしてたから

やっぱ予算の問題だろうか・・・。

 

・・・

 

大好きな漫画なだけに、

ちょっと心配になってきてしまった。

 

予算とか色々問題があるとは思うけど

原画はとてもキレイだし、

是非とも丁寧に作って頂きたい!

 

と、切に願うファンでありました。

 

まあ、何はともあれ、祝!アニメ化!

 

 

「転生したらスライムだった件」がアニメ化して欲しい件

f:id:October22yangzi:20180210181651j:plain

転生したらスライムだった件」とは、

作者伏瀬によって"小説家になろう"に掲載された

作品で、2014年に小説化(現在11巻)

2015年に漫画化され、雑誌シリウスに掲載中です。

 

小説家になろうサイト原作

転生したらスライムだった件

 

最近、友人の1人から漫画版を借りました。

私の中の異世界物代表の「ログ・ホライズン

と同じ「小説家になろう」サイト出身とういことで

親近感を持って読んでみたのですが、

すっかりハマってしまいました。

 

あらすじは、通り魔に刺された主人公(男)が

異世界でチート能力を持つスライムに転生して、

どんどん強くなって魔王になり、世界の巨悪を倒すまでの話。

(超あらすじ)

 

笑える場所も多く、読後感が爽やかな作品で、

特に脇を固めるキャラクターがとても魅力的。

たくさん登場人物が出てきているのに

ゴチャゴチャしたり被ってないところがGoodです。

 

話の展開も「んな馬鹿な」と思いつつも

私的には許容範囲。

漫画を出ている全巻読んで止まらなくなり、

Web版原作も寝不足になりながら全部読みました。

 

いやー、偏見あったけど、

実は異世界チート物って結構面白いのね。

 

他に薦められて読んだ

デスマーチから始ま異世界狂想曲」

という作品がアニメ化されて現在放映中のことから、

もしかして「転生したらスライム・・」もアニメ化されてるんじゃ!?

と期待して調べてみたのですが、ナントまだアニメ化されていませんでした。

 

えー!こんなに面白いのに何でだろう?

個人的には「デスマーチから・・・」より面白かったんだけど。

 

アニメ化予定ラノベを調べてみたんだけど、

「賢者の孫」はどうやらアニメ化するらしいんだけど

「転生したらスライム・・・」はナイ。

 

案外人気ないのかなあ、と調べてみると、

「アニメ化して欲しいラノベ1位」

「200万部突破」

など、どうやら人気&メッチャ売れている模様。 

 

原作売れてるってことはアニメも見る人多いだろうし、

絵もきれいだから、デキが良ければ円盤買う人も多いよね。

グッツも出てるみたいだし、儲かりそうな気がするけどなあ。

 

ちょっと気になるのは、原作がもう完結してることと、

主人公が「無性別」なこと。(男でも女でもない)

でも、小説も漫画も絶賛継続中だし

無性別がそこまで大きな障害になるとも思えない。

 

うーむ。

何でアニメ化されないの?

少年シリウスでも看板作品の1つ扱いだし

人気もあるから、放映枠とか声優とか色々調整してて遅れてんのな?

 

 このブログを見た物好きな方。

もしも思い当たる理由があったら教えて下さい!

 

 

ラクトフェリンが今のところ良さそう

f:id:October22yangzi:20180202223650j:plain

 

ここ4ヶ月ほど、息子はラクトフェリンを飲んでいます。

Wikiによると、ラクトフェリンとは

「母乳・涙・汗・唾液などの外分泌液中に 含まれる鉄結合性の糖タンパク質」

らしいです。

 

少し前から流行っている成分の1つであり、

効能は、免疫強化、抗菌、生活習慣病の改善などなど、

ありとあらゆるものに効きます!という謳い文句をよく見ます。

 

息子は非常に風邪を引きやすいため、

「免疫力強化」を期待し、1日250mgを、

夜寝る前にほぼ欠かさず飲み続け、

大体4ヶ月経ちました。

 

結果、ですが。

1回も風邪をひくことなく4ヶ月過ごせています。

一時鼻水が出たりしましたが、大事に至らず。

 

ちなみに、去年の同時期の予定表を見ると、

1ヶ月に1回は風邪をひいて休んでおり、

なかなか回復せずに困っていたようです。

 

ラクトフェリンをスタートした以外は

特に何か大きく変えてる訳じゃないし、

(インチュニブを試したくらい)

4歳と5歳でそこまで免疫力変わらないだろうから

これって免疫力強化っていう視点から見ると

結構効いてるってことなんじゃ?

 

やっぱ流行るだけあって、

スゴイ成分なのかもしれない。

 

ただ、ネックはそのお値段。

私は海外のものを選んでいるので、

2か月分60粒入りで3500円くらい。

てことは、1ヶ月1800円くらい。

 

日本で買うと3倍近くするものが多いので

それを思えば、まだマシではあるんですが、

効果が確定していない今現在から考えると、

続けるかどうか迷う値段でもあります。

他にも結構高額なサプリを飲んでますからね。 

 

ということで、あと2ヶ月続けてみて、

風邪を引きにくい春になったら

一旦止めて様子を見ようかな、と考え中。

 

5歳児が、冬を含む6ヶ月間、

風邪1つひかず元気いっぱいだったら

本当にスゴイんだけど、果たしてどうなるかな?

 

インチュニブは、効果<副作用だった、のだが・・・

f:id:October22yangzi:20180110234429j:plain

インチュニブを試して20日。

色々と難しいことが分かりました。

 

今までの経緯(3日目、10日目)は下記ブログ参照。
3日目くらいまでは、効果>副作用だったのですが、

4、5日目あたりから副作用が目立つように。

10日目には副作用>効果になりつつあり、

13日目には、明らかに副作用>>効果になりました。

 

息子の場合、明らかな副作用は

「自閉性の悪化」

 

1人でブツブツ言いながら独特の遊びをする時間が増え

ほとんど自発的な発語がなくなりました。

確かに落ち着いてはいるけど、これはどうなんだろう。。。

と思って迎えた13日目。

 

挨拶も返ってこない、ほとんど目が合わなる

という状況になり、それが次の日まで続きました。

 

そして、指示も通りにくくなってしまい、

生活に支障も出始めてしまったしで

15日目から薬を中断することになりました。

 

で、このインチュニブは急に減らすとマズイことがあるらしく

少しづつ減量しているのですが、

 

・・・・

 

これが、調子いいんですよ。

今は体内に0.25mgくらいの濃度があると思うんですが、

(規定は1日1回1mg、Max2mg)

コミュ力も元に戻り、程良く行動も自制され、

調子は実に宜しいです。

今の状態なら完璧に、効果>>副作用、です。

 

ちなみに、減薬後、自閉性はすぐに直ったので、

この薬の副作用だったことは間違いなかったようです。

 

インチュニブの資料を読むと、治験の結果

投与量が大きい方が効果が大きかったそうなので、

うーむ、どうなんだろう、と思いますが、

好調なんですよね、減薬後の方が。

 

とりあえず、インチュニブを止めてみて、

様子を見てみて、改めて先生に相談かな、と思います。

 

と、いうことで、

インチュニブ投与は今のところ中止、となりました。

 

 

「ログ・ホライズン3期」が三重苦じゃん!その後

f:id:October22yangzi:20170321230329j:plain

橙乃ままれ原作の異世界ファンタジー

ログ・ホライズン

2015年3月にアニメ第2期(NHK)が終了し、

約3年が経過してしまいました。

 

第2期製作を終了した時点で

原作ストックがなくなっており、

第3期はあっても当分先ということだったのか

製作スタッフが解散されていたようです。

 

そこに加えて、橙乃ままれ氏の脱税事件!

いやー、桜散る季節に衝撃のニュースでしたね。

あれは。

「ログホラ3期どうなんねん!」って思ったもんね。

 

詳しい経緯については↓こちらを参照

my-daily-happenings.hatenablog.com

 

で、約3年経った訳ですが、

ファンとしては、どうしても続きが見たい!

ということで、再び色々調べてみました。

 

まず、橙乃ままれ氏について。

報道によると、

「事件の裁判が2015年4月26日に行われ、

被告に懲役10ヵ月・執行猶予3年の判決。」

だそうです。

 

執行猶予3年ということは、

2018年4月26日に執行猶予明け、ということに。

 

おお!何か良いニュースなんじゃないの、これ!

執行猶予明けってことは、禊は済んだってことでしょ?一応?

 

無料公開されてる原作の方を見ると、

現在エピソード14の途中まで進んでる。

 

アニメ第1期:Ep1~5

アニメ第2期:Ep6~10

アニメ第3期:Ep11~15(予想)

 

おお、あともうちょいで3期作れる!

 

ちなみに、作者の計画だと、

Ep15で、この物語は完結するそうな。

 

で、ここからはバッドニュース。

 

橙乃ままれのHPを見ると、

細々とツイッター的活動は続けているものの、

大きな告知も活動も特にナシ。

 

単行本も、Ep10までは出版されてますが

原作がすでにあるEp11~13は出版なし。

 

無料で公開されている原作も、

Ep14の一部が2017年8月に

公開されたきり、音沙汰ナシ。

(4ヶ月以上更新なし)

 

また、公開に間が開いたアニメって

アニマックスで放映して、それからTVで

続編ってパターンが多いんだけど

進撃の巨人とかこのパターン)

アニマックスで今のところ放映予定ナシ。

 

そして、2018年のアニメ予定表に

ログホライズンは今のところナシ・・・。

 

刑期明けの2018年4月26日を過ぎないと

ハッキリは分からないけれど

今のところ、今年の第3期はやや難しい感じ。

てか、2018年4月26日過ぎて何もなかったら

第3期は本格的にマズイという気が・・・。^^;

 

うーん、困るぞ!

第3期、見たい!見た過ぎる!

 

ということで、これで3回目になりますが

NHKに「ログホラ3期希望します!」

ってリクエスト出しとくことにしよう。

 

しかし、橙乃ままれ先生、ちょっと反省してよ!

何か世に公開するってことは、

それは自分だけのものじゃなくなるんだから

もっと慎重にならないと!

脱税してる場合じゃないって!

 

< 2018年5月6日更新>

刑期明けを目指して色々始まったみたいです!

主なものは下記です。

 

・2018年3月20日

ログホライズン原作、第11巻発売

⇒クラスティ、タイクーン・ロード

 

・人気投票開催(3/20~5/3)

ログホライズンシリーズ再開記念だそうな

 

・2018年5月3日、4日

ログ・ホライズンのイラスト展開催

 

 

うん、何か復活している感じ。

でも、アニメ化の感じはまだしないかな~。

 

何はともあれ、活動再開は喜ばしい!

引き続きウオッチしていこうと思います!

 

 

インチュニブを試してみる 10日目

f:id:October22yangzi:20180110234429j:plain

インチュニブ1mgを試し始めてから

10日が経過しました。

 

治験等の情報によると、

1週間~2週間で効果が表れるらしいです。

 

ということで、10日目の状況をば。

 

<飲んだ目的>

・多動と衝動性で道路歩行が危険

・不注意で字を書く等の勉強が困難

 

<現在感じられる効果>

・多動が50%くらい収まった

・衝動も抑えられるようになった

・初動のやる気がある

 

<多分副作用と思われること>

・ちょっとボーっとしている

・自分の世界にいることが多くなった

・集中力が続かない気がする

・やや眠りが浅そう

 

まず、効果について。

多動は50%くらい収まったと思います。

普通の子に比べるとチョロチョロしてるけど、

店でもずっと良い子に座ってご飯を食べれるし

(前は動きたがって何回か実際立ち上がってた)

そのせいもあって衝動性も抑えられ、

道路での安全度は確実に高まりました。

 

また、やる気があるというか、

前は簡単に諦めていたゲーム等を頑張って

クリアして喜ぶ姿も見られました。

 

この効果だけだったら、インチュニブ様様なんですが、

ない訳ないのが副作用。

 

副作用は、やはり自閉度が高く感じること。

原因は不明ですが、自分の世界にこもりやすく、

1年以上前の「遠い子供」状態になる時間が

増えてきました。

飲む前は、こちらにコミュニケーションを取って来て

遊んだりしていたのですが、

今は1人で不思議な遊びをする時間が増えました。

同時に、言葉も少し出にくくなっているように感じます。

 

また、眠りが浅そうなのが少し気になります。

息子は夜20:30~21:30くらいに寝付いて

その後は6:00くらいまではグッスリなんですが、

薬を飲み始めてから、ドアを開けたら目を覚ましたり

夜中むくりと起きたり、が多くなりました。

 

ちなみに、幼稚園の先生の意見は、

「大人しくなったし、指示も良く通るし、

やる気もあるのだが、集中力が続かない。」

 

集中力が続かないというのは、

パズルをやっていて私も感じていました。

息子は公文の54ピース、ディズニーの80ピースくらいを好んでやっていたのですが、

薬を飲んでから集中力が続かなく、

公文36ピース、ディズニー50ピースくらいが

丁度良くなった感じになってしまいました。

 

2週間に1回会う作業療法士の先生も

同じような感想で、

「前よりもやる気があるんだけど続かない。」

 

集中力が続かないのは

もしかすると薬に身体が慣れたら大丈夫かな、

という気もするのですが、果たして・・・。

 

・・・と、10日目の効果と副作用?を見ると、

「今のところやや微妙」

 

効果もたくさんあって、

道路での安全確保ができたのは大変大きいです。

外出が楽になったのも親子共々嬉しいことです。

 

ただ、なーんか、本人の能力的なところは

ちょっと落ちているような気が・・・。

 

身体が薬に慣れたら解決する問題かもしれないし

もう少し様子見ですが、今の所はこんな感じです。

 

でも、前に試したリスパダールエビリファイに比べ

格段に副作用は少なく、効果も理想的。

 

副作用が落ち着いて、

上手く付き合っていける薬になるといいけど。

 

 

療育計画は、人に頼るといいけど任せるとダメなものらしい

f:id:October22yangzi:20180111231617j:plain

写真は、よく行く公園。

今年は本当に雪が少ないです。

 

年初だ!ということで

今年の息子の療育計画を作りました。

 

作った、と言っても、

私自身は会社の目標設定シートみたいなもんを

サラサラっと書いただけですけど。

 

で、本日。

それを遠方に住む先輩ママに見てもらい、

実行計画を作るサポートをしてもらいました。

 

いやー、本当にスゴイです。

何て言うか、知り尽くしてる。

 

例えば、文字の模写が苦手だという話をすると、

簡単な図形はOKか?視線はOKか?

身体の中心は分かってるか?などなど

「文字の模写」に必要な要素ができてるか、

できなければ、こんなトレーニングがあるよ、

みたいな話がポンポン出てくる。

いやー、本当にスゴイ。

 

普通の子供のように自然にできるようには

ならないけど、引っかかっている小さな部分を

修正しながらやると、確実にできるようになるので

こういうアドバイスは本当に貴重です。

 

アメリカあたりだと、こうした方法論的なものを

体系化して誰にでも会得できるようにした

ABAが広まっているようです。

アメリカでは発達障害と認定されると

かなり長時間のセラピーが公費で受けれるそうで、

逆に考えると、セラピストが大量に必要で、

それを早急にトレーニングする必要がるということ。

なので、ABAみたいなフレームが開発されて広まったのは必然なのかもしれません。

 

ただ、NY在住のママ友によると、日本人のお母さんは

ABAを「エサやり療育」みたいな感じで嫌う人が多いそうです。

まあ、これは文化の差かな。

アメリカとかって、チップの文化だから

ご褒美をあげることに抵抗がないんだと思う。

私も向こうの学校のご褒美文化にちょっとびっくりしたもんね。

 

と、話はそれましたが、先輩のお陰で

とても良い実行計画が出来上がりました。

 

先輩ありがとう!

イクラとタラコ、送るからね!

 

ちなみに、

療育園でも、担当の先生が作ってくれてるのですが、

基本的に、私が作るものの簡易版になっています。

 

というのも、発達に心配のある子供の

「あるある」だと思うのですが、

家でできることと、外でできることの乖離が大きいからです。

 

なので、家庭訪問で担任が来ると、びっくりされます。

えー!こんなこともできるのね!みたいな。

 

ちなみに、うちの息子は家では身の周りのことは

90%以上は自力行えますが、園では60%くらいらしく、

「ちゃんと身の回りのことができるようになる」

的な目標を提案されたりします。

 

まあ、外でできなきゃ意味ないんで、

60%というのが息子の実力。

90%というのが潜在能力。

というところなんでしょうけど。

 

ちなみに、感覚的に家と外でできることの

タイムラグは3~6ヶ月くらい。

(オムツ。家では3歳6ヶ月には取れていたけど

外でも完璧に取れたのは3歳11ヶ月くらい。)

 

という感じなので、

療育の担任の先生に療育計画を作ってもらうと

どうしても家でできることより簡単な目標の

設定になってしまうので、裏計画書ということ

家での実力に合う療育計画が必要になります。

 

最初の1年くらいは思いつきで

パズルとかカードをやっていたんですが、

計画書を作ると、進み方がかなり違います。

 

さて、良い計画書もできたし、

まずは最初の3ヶ月、がんばってみようっと。