These Happy Golden Years !

"この楽しき日々" 北海道での暮らし、趣味の漫画・アニメ・旅行、そして息子のこと

「ログ・ホライズン3期」が三重苦じゃん!その後

f:id:October22yangzi:20170321230329j:plain

橙乃ままれ原作の異世界ファンタジー

ログ・ホライズン

2015年3月にアニメ第2期(NHK)が終了し、

約3年が経過してしまいました。

 

第2期製作を終了した時点で

原作ストックがなくなっており、

第3期はあっても当分先ということだったのか

製作スタッフが解散されていたようです。

 

そこに加えて、橙乃ままれ氏の脱税事件!

いやー、桜散る季節に衝撃のニュースでしたね。

あれは。

「ログホラ3期どうなんねん!」って思ったもんね。

 

詳しい経緯については↓こちらを参照

my-daily-happenings.hatenablog.com

 

で、約3年経った訳ですが、

ファンとしては、どうしても続きが見たい!

ということで、再び色々調べてみました。

 

まず、橙乃ままれ氏について。

報道によると、

「事件の裁判が2015年4月26日に行われ、

被告に懲役10ヵ月・執行猶予3年の判決。」

だそうです。

 

執行猶予3年ということは、

2018年4月26日に執行猶予明け、ということに。

 

おお!何か良いニュースなんじゃないの、これ!

執行猶予明けってことは、禊は済んだってことでしょ?一応?

 

無料公開されてる原作の方を見ると、

現在エピソード14の途中まで進んでる。

 

アニメ第1期:Ep1~5

アニメ第2期:Ep6~10

アニメ第3期:Ep11~15(予想)

 

おお、あともうちょいで3期作れる!

 

ちなみに、作者の計画だと、

Ep15で、この物語は完結するそうな。

 

で、ここからはバッドニュース。

 

橙乃ままれのHPを見ると、

細々とツイッター的活動は続けているものの、

大きな告知も活動も特にナシ。

 

単行本も、Ep10までは出版されてますが

原作がすでにあるEp11~13は出版なし。

 

無料で公開されている原作も、

Ep14の一部が2017年8月に

公開されたきり、音沙汰ナシ。

(4ヶ月以上更新なし)

 

また、公開に間が開いたアニメって

アニマックスで放映して、それからTVで

続編ってパターンが多いんだけど

進撃の巨人とかこのパターン)

アニマックスで今のところ放映予定ナシ。

 

そして、2018年のアニメ予定表に

ログホライズンは今のところナシ・・・。

 

刑期明けの2018年4月26日を過ぎないと

ハッキリは分からないけれど

今のところ、今年の第3期はやや難しい感じ。

てか、2018年4月26日過ぎて何もなかったら

第3期は本格的にマズイという気が・・・。^^;

 

うーん、困るぞ!

第3期、見たい!見た過ぎる!

 

ということで、これで3回目になりますが

NHKに「ログホラ3期希望します!」

ってリクエスト出しとくことにしよう。

 

しかし、橙乃ままれ先生、ちょっと反省してよ!

何か世に公開するってことは、

それは自分だけのものじゃなくなるんだから

もっと慎重にならないと!

脱税してる場合じゃないって!

 

 

インチュニブを試してみる 10日目

f:id:October22yangzi:20180110234429j:plain

インチュニブ1mgを試し始めてから

10日が経過しました。

 

治験等の情報によると、

1週間~2週間で効果が表れるらしいです。

 

ということで、10日目の状況をば。

 

<飲んだ目的>

・多動と衝動性で道路歩行が危険

・不注意で字を書く等の勉強が困難

 

<現在感じられる効果>

・多動が50%くらい収まった

・衝動も抑えられるようになった

・初動のやる気がある

 

<多分副作用と思われること>

・ちょっとボーっとしている

・自分の世界にいることが多くなった

・集中力が続かない気がする

・やや眠りが浅そう

 

まず、効果について。

多動は50%くらい収まったと思います。

普通の子に比べるとチョロチョロしてるけど、

店でもずっと良い子に座ってご飯を食べれるし

(前は動きたがって何回か実際立ち上がってた)

そのせいもあって衝動性も抑えられ、

道路での安全度は確実に高まりました。

 

また、やる気があるというか、

前は簡単に諦めていたゲーム等を頑張って

クリアして喜ぶ姿も見られました。

 

この効果だけだったら、インチュニブ様様なんですが、

ない訳ないのが副作用。

 

副作用は、やはり自閉度が高く感じること。

原因は不明ですが、自分の世界にこもりやすく、

1年以上前の「遠い子供」状態になる時間が

増えてきました。

飲む前は、こちらにコミュニケーションを取って来て

遊んだりしていたのですが、

今は1人で不思議な遊びをする時間が増えました。

同時に、言葉も少し出にくくなっているように感じます。

 

また、眠りが浅そうなのが少し気になります。

息子は夜20:30~21:30くらいに寝付いて

その後は6:00くらいまではグッスリなんですが、

薬を飲み始めてから、ドアを開けたら目を覚ましたり

夜中むくりと起きたり、が多くなりました。

 

ちなみに、幼稚園の先生の意見は、

「大人しくなったし、指示も良く通るし、

やる気もあるのだが、集中力が続かない。」

 

集中力が続かないというのは、

パズルをやっていて私も感じていました。

息子は公文の54ピース、ディズニーの80ピースくらいを好んでやっていたのですが、

薬を飲んでから集中力が続かなく、

公文36ピース、ディズニー50ピースくらいが

丁度良くなった感じになってしまいました。

 

2週間に1回会う作業療法士の先生も

同じような感想で、

「前よりもやる気があるんだけど続かない。」

 

集中力が続かないのは

もしかすると薬に身体が慣れたら大丈夫かな、

という気もするのですが、果たして・・・。

 

・・・と、10日目の効果と副作用?を見ると、

「今のところやや微妙」

 

効果もたくさんあって、

道路での安全確保ができたのは大変大きいです。

外出が楽になったのも親子共々嬉しいことです。

 

ただ、なーんか、本人の能力的なところは

ちょっと落ちているような気が・・・。

 

身体が薬に慣れたら解決する問題かもしれないし

もう少し様子見ですが、今の所はこんな感じです。

 

でも、前に試したリスパダールエビリファイに比べ

格段に副作用は少なく、効果も理想的。

 

副作用が落ち着いて、

上手く付き合っていける薬になるといいけど。

 

 

療育計画は、人に頼るといいけど任せるとダメなものらしい

f:id:October22yangzi:20180111231617j:plain

写真は、よく行く公園。

今年は本当に雪が少ないです。

 

年初だ!ということで

今年の息子の療育計画を作りました。

 

作った、と言っても、

私自身は会社の目標設定シートみたいなもんを

サラサラっと書いただけですけど。

 

で、本日。

それを遠方に住む先輩ママに見てもらい、

実行計画を作るサポートをしてもらいました。

 

いやー、本当にスゴイです。

何て言うか、知り尽くしてる。

 

例えば、文字の模写が苦手だという話をすると、

簡単な図形はOKか?視線はOKか?

身体の中心は分かってるか?などなど

「文字の模写」に必要な要素ができてるか、

できなければ、こんなトレーニングがあるよ、

みたいな話がポンポン出てくる。

いやー、本当にスゴイ。

 

普通の子供のように自然にできるようには

ならないけど、引っかかっている小さな部分を

修正しながらやると、確実にできるようになるので

こういうアドバイスは本当に貴重です。

 

アメリカあたりだと、こうした方法論的なものを

体系化して誰にでも会得できるようにした

ABAが広まっているようです。

アメリカでは発達障害と認定されると

かなり長時間のセラピーが公費で受けれるそうで、

逆に考えると、セラピストが大量に必要で、

それを早急にトレーニングする必要がるということ。

なので、ABAみたいなフレームが開発されて広まったのは必然なのかもしれません。

 

ただ、NY在住のママ友によると、日本人のお母さんは

ABAを「エサやり療育」みたいな感じで嫌う人が多いそうです。

まあ、これは文化の差かな。

アメリカとかって、チップの文化だから

ご褒美をあげることに抵抗がないんだと思う。

私も向こうの学校のご褒美文化にちょっとびっくりしたもんね。

 

と、話はそれましたが、先輩のお陰で

とても良い実行計画が出来上がりました。

 

先輩ありがとう!

イクラとタラコ、送るからね!

 

ちなみに、

療育園でも、担当の先生が作ってくれてるのですが、

基本的に、私が作るものの簡易版になっています。

 

というのも、発達に心配のある子供の

「あるある」だと思うのですが、

家でできることと、外でできることの乖離が大きいからです。

 

なので、家庭訪問で担任が来ると、びっくりされます。

えー!こんなこともできるのね!みたいな。

 

ちなみに、うちの息子は家では身の周りのことは

90%以上は自力行えますが、園では60%くらいらしく、

「ちゃんと身の回りのことができるようになる」

的な目標を提案されたりします。

 

まあ、外でできなきゃ意味ないんで、

60%というのが息子の実力。

90%というのが潜在能力。

というところなんでしょうけど。

 

ちなみに、感覚的に家と外でできることの

タイムラグは3~6ヶ月くらい。

(オムツ。家では3歳6ヶ月には取れていたけど

外でも完璧に取れたのは3歳11ヶ月くらい。)

 

という感じなので、

療育の担任の先生に療育計画を作ってもらうと

どうしても家でできることより簡単な目標の

設定になってしまうので、裏計画書ということ

家での実力に合う療育計画が必要になります。

 

最初の1年くらいは思いつきで

パズルとかカードをやっていたんですが、

計画書を作ると、進み方がかなり違います。

 

さて、良い計画書もできたし、

まずは最初の3ヶ月、がんばってみようっと。

 

 

インチュニブを試してみている 3日目

f:id:October22yangzi:20180110234429j:plain

近くの公園で遊ぶ息子。 

今年は本当に雪が少ないです。

 

発達に心配のある息子。

成長するに連れてマシにはなってはいるのですが

「衝動性」と「不注意」がなかなか収まらない。

 

普段はそこまで困るほどじゃないんですが、

歩道とか歩いている時に「うわっ」と思うことが。

 

気が散りやすいので勉強も身につきにくいし

たまに手元を見ずに文字を書いていたり。

 

「うーん、何とかならないかなあ」

と、主治医に相談してみたところ、

インチュニブを提案されました。

 

インチュニブ。

2017年5月に小児ADHDに承認された

新薬だそうで、元は高血圧薬だそう。

この薬がADHDに有効なことが分かったため、

ちょっといじって認可を取り直し、新薬化したらしい。

新薬なのでお値段は高め。

 

先生曰く、数ヶ月の投与経験からすると

ADHD薬の中で最も副作用がなく、

学習意欲や学力の向上に効果がある子が多い。

多動や不注意にも効果があるから、

使ってみても良いのではないか。

とのこと。

 

過去リスパダールを短期間飲んで

副作用で大きく荒れた経験があるので

そういう系の薬はどうかな?と思ったんだけど、

調べてみたら、確かにマイルドそう。

インチュニブ以外は脳内物質を出す方をいじる感じなんだけど、

インチュニブは受ける方をいじる感じ。

 

副作用発生率は約70%で、ほとんどが傾眠。

その他は、元高血圧の薬のため、低血圧、口が渇く、頭痛など。

他の薬に比べて飲み合わせ注意とか禁忌が行数にして半分くらい。

心臓への負担が少しある可能性があるらしいのが気になるけど、

副作用に食欲減退がないのは育ちざかりにはGood。

 

効き目はADHD薬の中では

ストラテラ<インチュニブ<コンサータ

らしい。

 

来年小学校だし、

合う薬を見つけておくのもいいんじゃない?

 

ということで、

ちょっと試してみることにしました。

 

ちなみに、インチュニブは新薬のため

処方は2週間に1回。

うちの息子の場合は1日1mg、Max2mg。

(投与量は体重で決まる)

 

投与前に、心電図と血圧を測り

問題がないか確認し、投与スタートです。

 

錠剤は、白くて小さくてニオイなし。

子供用でもあるから、飲みやすくしてるのかな。

副作用に傾眠があるので、夜寝る前に飲みます。

 

で、本日3日目。

 

出現した副作用は、傾眠と口の渇き。

普段絶対にしない昼寝をしたり、やたら水を飲んだり。

その他は今のところ特に問題はなさそう。

生活で困ったことは家では特にないけど

幼稚園では連日朝の機嫌が悪かったらしい。^^;

 

効果は、多動の収まりと、やる気のUP.

びっくりしたのは、 

いつも諦めが早すぎて達成できないゲームをがんばってクリアした上に、

次々に難易度の高いステージをやりたがってクリアし続けたこと。

 

この効果が継続して、

副作用がこのまま強くならなければ

学習上、とても有効なんじゃない?

 

とりあえず2週間。

観察しつつ投与を継続してみようと思います。

 

 

今頃になって「君の名は」にメチャ感動した件(あらすじネタバレあり)

f:id:October22yangzi:20180104130550j:plain

昨夜、映画「君の名は」が地上波放送しました。

この映画は2016年8月に公開された作品で、

原作が別にあるのかと思っていたんですが、

原作も脚本も新海監督らしいです。

 

声優に神木隆之介を起用したり、

作中の歌をRADWIMPSが全面担当したり

公開前から話題性がある作品ではあったんですが、

公開後、あっという間に認知度がUP。

映画も主題歌等も大大大ヒットしました。

 

公開中、見ようかなあ、とも思ったのですが、

何となく見そびれて、約1年半。

とうとう地上波初放送となったため、

何となく見たのですが、最後まで釘付になってました。(笑)

 

いやー、面白かった。

こんなに面白かったら全世界でヒットするわ。

 

※以下ネタバレあらすじ含む考察

 

ストーリーは、岐阜県飛騨市の山奥にある

糸守町に鎮座する「宮水神社」の血筋に代々伝わる

"入れ替わり"という特殊能力?によって

宮水神社の長女の三葉と、東京の高校生・瀧の魂が

入れ替わってしまう・・・というもの。

 

宮水神社には、収穫祭と思しき祭りで

巫女が舞を舞いながら「口咬み酒」を作る伝統がある。

また、時間とその交差を表す「組み紐」を作り、

それを伝える伝統もある。

 

恐らくだが、この宮水神社は

"入れ替わり"ができる一族が町を守るために作った神社ではないかと想像する。

この"入れ替わり"能力は、血を引くものの思春期に必ず現れるもののようで、

主人公三葉も、母の二葉も、祖母の一葉も経験しており、小学生である妹の四葉はまだ経験していない。

 

で、今回の三葉の代。

水星直撃による糸守町の壊滅、という大災害が起こることなり、

この一族の血が、"入れ替わり"の能力をフルに生かして、町を救った、ということだろう。

 

宮水神社のご神体が1200年前のクレーター内にある

岩の洞窟にあること、壁画に水星が描かれていること、

三葉と瀧の生きた時代に3年間のずれがあること

などを考えると、もしかすると過去の宮水家の人間が

水星落下の時代の人間と"入れ替わり"を行って

町の壊滅を知り、それをどうにかするために

様々なツール(ご神体を水星爆発範囲外に置く、など)を

整備していたのかもしれない。

 

この辺は、スピンアウト小説を見ればある程度分かるらしい。

 

で、本題へ。

複数回の入れ替わりを通じて、

2人の主人公、三葉と瀧はお互いに惹かれあうが

入れ替わり後の記憶は、時間が経てば経つほど曖昧になり、

お互いの名前も存在も忘れてしまうほどになる。

 

時を越えて協力しあい、水星直撃から

町の壊滅を救った2人。

 

しかし、悲しいかな。

入れ替わりから時間が経てば経つほどお互いを忘れ、

5年後には、2人はお互いのことをすっかり忘れてしまう。

でも、心のどこかで、いつも誰かを探している感覚に囚われており、

5年間ずっと忘れてしまっているハズの相手を

広い東京で探し続けている。

 

で、東京の新宿あたりで奇跡的な再開を果たし、

「君の名前は?」とお互いに聞くところで物語は終了する。

 

神隠しとか魂魄分離とか、

日本の不思議昔話を現代風にアレンジした感じで

最後まで実に面白く見ることができました。

 

出会えた2人が今後どうするのだろうと想像すると、

実は3歳年上で、立派に働いてそうな三葉と

就職活動苦戦中の瀧だから、きっと尻にしかれて

仲良くケンカするんだろうな、と思ってみたり。

なんていうか、登場人物がみんな爽やかで高感度が高かった!

 

あと、絵も景色も何もかも爽やかでした。

田舎の景色も、都会の景色も、とてもキレイで、

見ていて心が洗われるような気がしました。

 

うーん、柄にもなく聖地巡礼とかしたいぞ!

 

ちなみに、聖地は東京都と飛騨地方。

湖のモデルは長野県の諏訪湖ですね。

どこも近くに住んでいたり、旅行で訪れたり

行ったことがある場所ではありますが、

今行ったらメッチャ感動しそう。

 

今年の春くらいに、息子を連れて巡ってみようかな?

私は楽しいかもしれないけど、息子には迷惑かもしれないけど。(笑)

 

登別温泉周辺はまるで"神々が遊ぶ庭"だった

f:id:October22yangzi:20180104001937j:plain

登別温泉から街に抜ける道路。

遠くに見えるのは海です。

 

正月ドライブ第2弾。

今日は登別温泉へGo!

 

ちなみに、今日も雪はほとんどナシ。

気温は4℃なり。

神奈川県出身的にはとても寒いけど、

北海道的には寒くない、むしろ暖かい日です。

 

ちなみに、登別温泉は山間にあるため、

雪がチラホラ残っていました。

もう少し上に行くと、カルルス温泉という

山間の小さな温泉街があり、

そこには地元の人に愛されている

小さなスキー場があったりします。

 

登別温泉は思いの他、人がとても多く

みんな新年の買い物を楽しんでいました。

手に大きな荷物を持っている人もチラホラ。

正月って何かお財布緩むよね。

 

登別温泉をしばし堪能し、

登別の街に戻る途中、

「今年は絶対スゴク良い年になるに違いない!」

と確信するような風景に出会いました。

(冒頭の写真の景色)

 

古い携帯カメラなんで、感動1/5ですが、

本当に神々しくて、この景色を見た瞬間、

「カムコタンだ!」と思いました。

 

北海道はアイヌ民族が住んでおり、

地名のところどころにアイヌ語が使われています。

室蘭という街も、「ムルンラン」とかそういう発音を

無理矢理漢字にして、「むろらん」になったらしいです。

 

で、「カムイコタン」というのは、翻訳すると

「神々の遊ぶ庭」という意味だそうです。

 

始めて東京で聞いた時はピンときませんでしたが、

北海道に来てから、「これだ!」

と、思う瞬間が度々あります。

今回も、「うお、これだ!」と思いました。

 

いやー、雄大な自然ってスゴイ。

晴れてても、雨が降っても、曇ってても

どんな状態でも人の心に刺さってくる。

まして、こんな夕焼け、反則でしょ!

 

という訳で、正月は2日連続

美しい景色を堪能できました。

ドライブ大成功!

 

今年も北海道生活が楽しみです!

 

 

2018年初の洞爺湖は神々しかった

f:id:October22yangzi:20180103232946j:plain

2018年初の洞爺湖ドライブ。

気温5℃、私が北海道に来て4回目の正月は

過去経験のない暖かさでした。

 

明けましておめでとうございます。

 

新年だ!ということで、息子を連れて

新年初ドライブ!に行きました。

 

行き先は、

とりあえず、いつもの洞爺湖

 

しかし、今年は本当に暖かい。

まあ、東京に比べるとメチャ寒いんですけど、

去年の正月が↓な感じなんで、今年の暖かさが

分かるのではないかと。

f:id:October22yangzi:20170104095355j:plain

↑去年の同じ頃の写真、見るからに寒い

 

雪がないため、ドライブは順調に進み、

いつもの伊達道の駅に到着。

正月なので、もちろん開いていない。

 

トイレだけ借りて、その調子で伊達を通り抜け

洞爺湖にあっという間に到着。

で、冒頭の景色とご対面。

 

いやー、神々しかった。

「今年絶対イイことある!」

って思ったもんね。

 

最近知ったのだけど、この洞爺湖の噴水公園は

外国人が選ぶインスタ映えスポットで

全国No.1をとったことがあるらしい。

確かに、古い携帯のカメラで撮ってもこの美しさ。

私の他にも観光客が写真をパシャパシャ撮ってました。

 

美しい眺めを堪能した後、

公園の日陰にちょびっとある雪で息子と遊び

夕日を眺めながらのんびり帰って来ました。

 

私は神奈川生まれのいわゆる都会っ子。

北海道に来る直近の10年ちょっとは

東京のど真ん中に一人暮らしをして、

毎日満員電車に揺られて銀座のオフィスに

通ってました。

 

その後、結婚して、

夫の仕事の都合で北海道に。

 

北海道に来たばかりのときは

「果たしてこんな田舎で生きていけるんだろうか」

と不安になりましたが、

ドライブを覚えて車を購入してからは、

本当に生活が楽しくなりました。

 

いやー、車ってスゴイ!

どこにでも伸びてる道路ってスゴイ!

あと、楽しそうに付き合ってくれる息子に感謝!

 

きれいな風景も見れたし、

今年も良い年になりそうです。

 

 

発達障害系のサプリメントを減らしたい今日この頃

f:id:October22yangzi:20170321100944j:plain

発達に心配のある息子。

漢方、処方薬、サプリメントを毎日摂取しています。

 

最近、何か多すぎるんじゃないかなー、

と、思うことが多く、整理したいと考えるようになりました。

 

ちなみに、1年に1回、アメリカの先生に

治療等のアドバイスをもらっているのですが、

その先生曰く、現在の量は妥当だそうで、

もっと多くてもいいそうです。

 

でもねー、毎日の量を見ていると

絶対これ身体に良くないよね!?と思う訳で。

定期血液検査に今のところ異常は出てないけど

まだ、子供だしね・・・。

 

ちなみに今飲んでいるのは、下記。

商品名は書いてません。 

 

<処方薬>

・漢方3種類

てんかん

CoQ10、Lカルニチン、αリポ酸等の

 ミトコンドリアサポート系

・ビタミンEC

・プロバイオティクス

 (以下自由診療

認知症

葉酸製剤

 

<サプリメント>

ミトコンドリアフォロー系

・メチル化フォロー系

アセチルコリンフォロー系

ビタミンD&K

・Lテアニン

・スルフォルファン

マリアアザミ

 

<食品として>

・Ca、Mg、Omega3

 

うーん。

こうやって書いてみて、

改めて眺めて気が付いたんだけど

必要最低限だわ、確かに。(笑)

「効くかも?」的なものがナイ。

全部飲んで数日で効果を感じたものばかり。

 

あと、処方薬が結構な割合を占めてる。

北海道は未就学児は1割負担なので

こういう療法をやっているにしては珍しく

上記の薬・サプリ費用、通院費、

作業療法・言語療法なんか全部含め

治療費1万円/月に収まってくれている。

お財布的にはありがたいことなんだけど

気軽に止めれない。

 

(うちは持病があるため、 

その処方薬の副作用を抑えるために

サプリメント的な処方薬が出てます)

 

発達に心配がある子によくあるパターンの通り、

量が大人量じゃないと効き目が分からないから

物質量としては多いけど、種類としてはそんなんでもなかったのね・・・。

 

でもなー、やっぱ多いよなー・・・。

 

1年とかそんくらいだったら別にいいんだけど、

今後どこまで続くのか分からないし、

飲むものは少ないに越したことはないよね。

 

という訳で、来年は影響が出ない範囲で

減薬を試みる1年になりそうです。

 

来年の今頃、どのくらい減らせているのか。

今からちょっと楽しみです。

 

 

子供の療育情報、共有するか否か

f:id:October22yangzi:20170313230305j:plain

 発達が心配な子供の親同士が集まる

「親会」のようなものが幾つかあり、

その集団に所属するのと同時に自動加入しています。

 

最近、この親会の1つで

「子供の療育情報をみんなで共有をしましょう」

という流れがあるらしく、

情報を出しません?的な打診がありました。

 

本来は、とっても良いことなんだろうけど・・・。

うーん、難しいなあ。

 

というのは、この情報共有に関して

2つほど良くない記憶があるからです。

 

1つ目の良くない記憶は、息子の療育1年目。

 

漢方治療がとても効いたので、

息子と同じようなお子さんのためになればと

幾つかある親会の1つで一緒のお母さん2名に

漢方治療の話をしたことがありました。

 

その結果、私の知らない所で「あっ」という間に話が広まり、

(後から聞いたところ、相当誇張して話が広がったらしい)

「怪しげな療法が広がるのは反対だ!」と文句を言う親が現れたり、

見ず知らずのお母さんから突然電話があったり、

他人のブログを自分のブログとされて問合せを受けたり。

 

いやー。あの時は本当にビックリしました。

たった2人に1度だけ話したことが、

こんなに大きく、大袈裟になるなんて!

私の常識を超えたことが起こった感じです。

 

2つ目の良くない記憶は、療育2年目のこと。

 

 

とあるお母さんが、利他的精神から

とても良い情報を出してくれました。

 

結構調べなければ分からない情報だったので、

私は「ありがたいなあ。」と思ったのですが、

どうやら何人かはそれがお気に召さなかったらしく

かわいそうなそのお母さんはバッシングのターゲットに。

 

傍から見ていて、なぜバッシングされているか

大いに謎でしたが、本人の方がもっと謎だったと思います。

 

まあ、ネット上でも、とても良い情報を出した人を

一部の人が叩きまくって、スレから追い出したり

誹謗中傷をしつこくする、ということがよくあるので、

よくある話と言えばそうなのかもしれませんが。

 

・・・で、話を戻しまして、

 今回の「共有しませんか」という話。

 

 

うーん。微妙だよなあ。

 

療育に力を入れているし、お金もかけてるけど、

前みたいなことになったらガッカリだしね・・・。

 

という訳で、

「特に共有するような役立つノウハウはないです。」

みたいな回答をしてしまいました。

 

いやはや。私のなんと心が狭いことか。

ちょっぴり自己嫌悪。

 

でもねー、情報を出したところで

何のメリットもない上に、

下手するとバッシングの対象になってしまっている

現実を見てしまうと、情報共有は難しいよね。 

 

近くに情報共有できるママ友が欲しいと思ってたけど

案外、ネットつながりの遠く離れた人の方が

関係が簡単でいいのかもね。

 

 

サプリとしてエゾウコギの煎じ茶を試してみた

f:id:October22yangzi:20171210120203j:plain

数ヶ月前、登別温泉のおみやげとして

エゾウコギ茶を頂きました。

 

へー、珍しいものを。

と思って調べてみると、

精神系の疾患に優れた効能があるらしく、

有名なブロガーさん(精神科医師)が推奨しており、

合う人にはかなりの効果があるとか。

 

他にも色々口コミを調べてみたところ、

どうやら発達障害系にも効果があるらしい。

 

エゾウコギの産地と縁があるし

(3年ほど有名な産地の中国吉林省在住。現在北海道在住)

飲んだ感じ、味も悪くなかったので、

Amazonエゾウコギ(中国産)500gを2000円弱で購入。

毎日約5gを20分くらい煎じて、ルイボスティーで割って飲んでみました。

 

で、最近500gを3ヶ月ほどかけて飲み終えました。

ほぼ毎日飲んだと思います。

(途中、慣れを避けるために、2週間ほど

別のエゾウコギ茶(こちらは50g1,800円ほど)も試しています。)

 

して、3ヶ月たった結果ですが、

「目覚しい効果は感じなかったが、暮らしやすくなった気がする。

味は美味しく自然と飲めた。

続けたいと思っている。」

 

ルイボスティーで割っているのもありますが、

味に無理がなく、普通に美味しく飲めました。

 

煎じるのも、専用のミルク鍋にお湯を沸かして

5gを20分程度弱火でコトコト煮込んで

火を止めたらルイボスティーのティーバックを入れて冷めるまで放置。

その後、茶漉しで漉して、水を足して飲料として冷蔵庫に入れるだけ。

続けられる程度の手間です。

 

効果は、正直目覚しく何かを感じたとは言いがたいけど、

軽いフラッシュバック的に嫌なことを思い出すことが減った気がします。

1日1,2回、ふと悪い記憶を思い出して嫌な感情に囚われていたのですが、

これが3日1回くらいに減った気がします。

そして、その結果、前よりも穏やかに暮らせている気がします。

 

あと、効いているのかもしれないと思う最大の理由は、

「続けたい」と私が思っていること。

 

飲料としてのルイボスティーだけなら

煮出すような手間もかからないのに

3ヶ月くらい続いた上に、まだ続けたいと思っている。

 

何の効果も感じてなかったら

とっくの昔にやめてるし、

続けたいなんて思わないと思うんですよね。

 

と、いう訳で、エゾウコギ茶は私の定番品になりそうです。

北海道に自生しているらしいから、春になったら探してみようかな?

中国産より安心して飲めそうな気がする。